Tokyo Beauty Life

読書と美容を愛する女の東京生活

「このままずっとひとりだったらどうしよう」と不安な人にオススメしたい本『孤独こそ最高の老後』

『孤独こそ最高の老後』

 

孤独は社会問題、と言われたりしますが、40代で1人で生きている私としては、「身軽だし気楽だし、ひとりって快適!」としか思えないので、あんまり実感が湧きません。

そんな私がタイトルに惹かれて読んだのがこの本。

 

 

年とともに、しがらみが少ないほうが精神的にラクに生きられる

 

そう!しがらみが少ないのがいいんですよ!

誰かと一緒に住んでいると、自分の行動にいちいち口出しされるけど、ひとりだったら何をしても何も言われない、っていう自由もありますし。

 

老後の生き方の基本は孤独だということに気づくと、付き合わなくてはならない人が極端に少なくなる

 

薄い関係の友達ならいつでもできる。軽い付き合いの人が何人かいればそれでよし、と思うことが、孤独を謳歌するコツだ

 

老後が近づいてくると、わたしもそうだが、ふと誰かを求めがちになるが、弱い心に蓋をして人間に求めず、求めるなら猫と暮らすことを私はお勧めしたい

 

延命治療をどうするのかを決めておくことも必須

 

ひとり女性の老後を応援するNPO法人代表理事で、孤独なシニアを1000人以上見てきた著者が書いているだけあって、説得力があります。

 

「これはやっておきたい!」と思ったのが、終活のためのエンディングファイルを作ること。

一般的に言われているエンディングノートだと使い勝手が悪いので、いつでも内容を交換できるファイルの方がいいそうです。

たしかにいちいち記入するよりも、資料を差し替えるだけのほうが管理がラクなのは間違いないですしね。

 

既婚者は独身者に対して「ひとりは寂しい」と思うようだが、わたしの経験から言うと、寂しく感じるのは40歳まで。(中略)40歳に突入し出産を諦めることにより初めて、ひとりの人生と向き合うようになる。諦めたことから、ひとりの素晴らしさに目が向き始め、寂しさは清々しさに変わる。

 

このままずっとひとりだったらどうしよう、と不安に思っている人にオススメしたい本です。

「最後はひとり、って早々に腹をくくったほうが生きやすいかも」と思えるので。

 

孤独こそ最高の老後 (SB新書)

くせ毛には『ラ・カスタ』の11番を

ここ数ヶ月使っている、ラ・カスタのシャンプーとトリートメント。

アロマエステ ヘアソープ11とヘアマスク11。

 

 

この11番はうねり・くせ毛用なんですか、乾かしたあと、たしかに他のヘアケアアイテムよりクセがちょっと落ち着きます。

さすがに真夏は、湿度と汗には勝てずクセが出まくりでしたが、今の季節だったらそんなこともなくいい感じです。

 

人工的な香りキツめなコスメを使わなくなってからというもの、香りが強いアイテムを使うとむせるようになってしまったので、ラ・カスタの天然アロマのほどよい香りがちょうどよくて好き。

 

La Casta(ラ・カスタ) アロマエステヘアソープ11 300mlラカスタ

 

La Casta(ラ・カスタ) アロマエステヘアマスク11 230g ラカスタ

 

『水曜日は働かない』、私も同感です

『水曜日は働かない』

 

タイトルに私も激しく同感で、この本を読む以前から、できる限り水曜日に有休・半休を取るようにしています。

 

 

ーーーーー

水曜日が休みになると1年365日がすべて休日に隣接するーーその真実に気づいた「僕」は「急ぎすぎ」で「がんばりすぎ」なこの国の人々に提案する。「水曜日は働かない」べきなのだと。毎週水曜日を「自分を大切にするための時間」に充てることにした著者の日常を綴った、笑えてそして思わず考えさせられるエッセイ集。

 

働かない、飲み会に参加しない等、何かを「する」でなく、「しない」ことから見えてくる幸福論、第一部「水曜日は働かない」(全13篇)。批評家として「テラスハウス」「大豆田とわ子と三人の元夫」「ジョーカー」「花束みたいな恋をした」等近年の作品を論じた第二部「2020年代の想像力」(全8篇)。チームラボの猪子寿之や、香港の政治運動家である周庭との交流などを綴った第三部「水曜日も働く人たち」(全8篇)を含んだ全29篇。

ーーーーー

 

エッセイですが、示唆に富んだ内容。

 

「みんなが支持していることには価値がある」という考えが、この国をとてもつまらなく、窮屈にしていることを実感しながら生きてきたからだ。

 

「読む」力のない人間が「書く」ことの快楽を覚えれば覚えるほど、脊髄反射的な発信やタイムラインの「潮目」を読んである方向に一石を投じるだけの、事実上何も考えていない発信が増えてしまう。

 

など、私が思っていたあれこれが言語化されていたりして、あっという間に読んでしまいました。こういう、著者の頭の中を覗ける系のエッセイって好き。

 

そして、「明日も有休にしておけばよかった」と、これを書きながら後悔しています…

 

水曜日は働かない [ 宇野 常寛 ]

 

自然寿命をすぎたら自分の楽しみを追求する人生を送った方が得。『40歳からは自由に生きる』

『40歳からは自由に生きる 生物学的に人生を考察する』

 

人の自然寿命は38歳だそうです。知ってました!? 

どうりで40歳を過ぎてから、身体のあちこちにバグが起こってくるわけです。

そういえば、昔何かの記事で生物学者の方が、「動物は白髪が生えてきたらいつ死んでもおかしくない」という話をしていたので、人間も同じなんでしょうね。

 

 

そこで、この本では、

 

生物学的には、自然寿命を過ぎれば、残りは無駄な人生なのだから、好き勝手に生きたらいいと思う。(中略)

好き勝手に生きるということは、ムチャクチャ生きてもいいということではない。世間の常識に捉われないで、自分自身の規範を立てて、なるべくその規範を守って生きるということだ。

 

上記が推奨されています。

 

第1章 人はなぜ生まれ、なぜ死ぬのかーー自分を解放しながら楽しく生きる

第2章 生物の多様性を考えるーー自由に恋愛をしたいものだ

第3章 われわれはどのように進化してきたのかーー新しい自分と出会うために

第4章 40歳からは社会システムを改革するーー個人と社会との関係

第5章 「かけがえのないあなた」を承認するために

 

  • 会社に盾突く人の方が、従順な人たちよりもリストラにあいにくい(すんなり言うことを聞いてくれないから)
  • 30代、40代の政治家は自分たち自身の問題として50年先も見通せて、なおかつ目の前の課題も処理することに長けている人も多いはずだから、議員はもう少し若い人も多くならならないとダメ
  • 環境問題と食糧問題を一気に解決する切り札は人口の減少

 

「たしかにそうかも」ということや、極論(だけど、まあそうだろうな)と思えることなど、そういう見方もあるんだなぁと興味深い内容です。

 

自然寿命をすぎたならば、自分の楽しみをなるべく追求する人生を送った方が得だ。

 

ということなので、読書のおともにカフェラテだけでなくドーナツも頼みました。

最近の私の規範は「食べたぶんだけ動けば0キロカロリー 」なので、良しとしています。

 

40歳からは自由に生きる 生物学的に人生を考察する (講談社現代新書) [ 池田 清彦 ]

 

運動を続けていますが、一番効果を実感したいコレだけが何も変わらない

『運動脳』

 

仕事で「コノヤロウ!」みたいな出来事があっても、仕事終わりにウォーキングに行くと気分がすっきりするんですよね。

ついでに、その日の肩こりと足のむくみも解消できていいことづくめ。

なので、運動の大事さはわかっているつもりでしたが、こんなに脳に良いことだらけなの?とびっくりさせられたのがこの本。

 

 

  • 定期的に運動すると前頭葉が成長する
  • ウォーキングにうつ病を防ぐ効果がある
  • 食欲調整に運動が効く
  • 体を動かせば集中力が高まる
  • 週に3回、40分早足で歩くだけで脳の老化が食い止められ、むしろ若返り、記憶力まで強化できる
  • 毎日、意識的に歩くと認知症の発症率を40%減らせる

 

など、他にもいろいろ書かれています。

 

どういう運動を何分くらいすればいいか、などが気になると思いますが、「まずはとにかく動け」と。おっしゃるとおりで。

 

脳には心拍数が上がる有酸素運動がいいそうなので、最近は夕方のウォーキングのほか、週の半分程度は朝のランニングも取り入れました。朝走ると日中の集中力が上がるそうなので、その効果を狙っています。

去年、毎日走っていたら貧血で倒れたので、今年は食事管理アプリで鉄分に気をつけつつ続けようと思います。

 

でも、一番効果を感じたいのは食欲調整なんですけどね…

以前からウォーキングはしていますが、これだけはまったく変わりません(涙)

ウォーキングじゃなくてランニングにすれば効果があるんでしょうか?いい結果が出たらお知らせしますね。

 

運動脳 [ アンデシュ・ハンセン ]