Tokyo Beauty Life

読書と美容を愛する女の東京生活

海洋汚染を防げる洗濯ネット『FIBER HOLD BAG』は、一緒に洗った他の服に繊維がつくのも防いでくれる優秀アイテムだった

ニットとかネルシャツとかパーカーとか、冬物の服って洗濯すると、やたら毛とか繊維が出てきません?一緒に洗った他の服にくっついて、コロコロを使わないと取れなかったりするのがストレスなのは私だけでしょうか?

しかも、プラスチック由来の繊維って、洗濯することで海まで流れて海洋汚染の原因のひとつになっちゃうんですよね…

 

ということで、最近は洗濯で出る繊維くずの流出を抑えてくれる洗濯ネット『FIBER HOLD BAG』を使っています。

 

f:id:hitomi_1422:20211218202611j:plain

 

これ、細かい網目が繊維くずをキャッチしてくれて、他の洗濯物に繊維がつくことがなくなるんです。かなりストレス軽減!

 

繊維くずが衣類につかない二重のネットになっていて、洋服と繊維くずを別々に取り出せる構造になっているんですが、実際に使ってみると、網目が細かいのでネットの中にも外にも繊維がくっつきます。

繊維がついているのがネットの中なのか外なのか、ぱっと見で判断がつきにくいのはちょっと面倒ですが、繊維を流さないという目的はきっちり果たしてくれているのでよしとしましょう。

成果が目に見えるのってうれしいですよね。(見えてるのゴミですけど。笑)

 

部屋の掃除をしていても、冬はホコリ(服から落ちた繊維くず)があきらかに多いのがわかるので、「何も意識しなければ、これが毎日海へ流れるのか…」と思っていたのですが、ネットのおかげである程度は流出を防げていそう。

 

今はLサイズとMサイズの2つのネットを使っていますが、厚めの冬服はLサイズじゃないと入らないので、もし買おうと思っている人がいたらLサイズをおすすめします。

もし大きすぎたらネットのあまった部分を結んで中の衣類が動かないようにすればいい、と、この本で洗濯ブラザーズも言っていたので、大は小を兼ねるを選びましょう。

 

hitomi-tokyolife.hatenablog.jp

 

持っているすべての服が植物由来の繊維ならいいんですが、好きなデザインの服や寒さをしのぐための服がポリエステル(プラスチック由来)だったりすることもあるので、このネットで少しでも海洋汚染を軽減できればいいなぁ。

環境への配慮って、完璧にやるのは無理なので、自分のやれる範囲で今よりちょっとでもいいことを選択できればよし、としています。

 

o0u.com